100均のプラバンとレジンで遊んだ3

PAP_0001.jpg

まずは猫ピアス。
プラバンの表にアクリル絵の具で色つけて、その上からレジンを盛った。
何回かに分けてレジンを盛ったら、ちょっと表面がでこぼこになっちゃったけど気にしない。

PAP_0000.jpg

次は長方形ピアス。
某通販サイトで見たやつがきれいだったので真似してみた。

やっぱりプラバンを使ってる。
レジンに、細かくそいだパステルを混ぜて色づけ。
プラバンの裏には、銀色折り紙を貼り付けた。
どこかのブログで、そうするとビジュー感が出るとのことだったので。
あと、ピアス金具が表から見えないように。
色つきレジンが硬化したら、マスキングテープでマスキングしてからアクリル絵の具でラインを描いた。
さらにその上から透明レジンを盛った。
マスキングテープのところが難しかったな~。

そうそう、パステルで色をつける際、皆さんカッターで削ってるらしいんだけど、
今回はプラスチックの楊枝の側面で削ってみた。
カッターよりも色の粒々が少なかった。
ちょっと発見。
思うに、カッターで削ると、一度にたくさん削れちゃうから大きい粒子になっちゃうんじゃないかな。

そろそろレジン遊びも飽きてきたかも(早い)。
次は、星の王子さまのストラップをプラバンで作りたい。

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : ハンドメイド

100均のレジン

最初はダイソーのレジンで遊んでた。
先日、セリアに行く機会があったので、セリアのレジンも買ってみた。

正直、セリアのレジンのほうがいいと思う。
硬化が早かったような気がする。
さらに、表面がつるっつる。
ダイソーのレジンは、ちゃんと硬化しても、表面に指を滑らすとなんか引っ掛かりがあった。
セリアのレジンはつるつるとよく滑る。

もっと早くセリアに移行しておけばよかった……。

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : ハンドメイド

レジンのはがれとはじき問題

解決方法がわかったかもしれない。

はがれたレジンは、下にポスターカラーで色をつけてたけど、どうやらアクリル絵の具だと大丈夫っぽい。

そして、はじく問題。
たまたまダイソーで一緒に買っておいた「デコパージュ専用液」。
これを、レジンをのせる前のプラバンに薄く塗っておいたらはじかなかった。
まあ、たまたま上手くいっただけかもしれないので、参考程度に。

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : ハンドメイド

100均のプラバンとレジンで遊んだ2

前回書いた「もう2つ」。

FJ310637.jpg

↑は、プラバンを焼く前に紙やすりでやすって傷をつけて、これまた100均のパステルでグラデーション。
左も一応グラデーションになるように塗ったんだけど、いまいち分からないね。
で、焼いてから、ラメ入りの青いマニキュアをさっとひと塗り。
その上に、やっぱり100均のグリッター(左)、レジン用封入パーツ(右)を乗せて乾かして、レジンを塗って硬化させた。
なんか記憶がおぼろげなんだけど、パステルが消えちゃったらいやだなと思って、マニキュアを塗る前にデコパージュ用ののりを薄く塗ったかもしれない。
意味あったんだろうか……。

FJ310635.jpg

↑は簡単。
やっぱり焼く前のプラバンにやすりをかけて、クーピーペンシルで色塗って、焼いて、レジン塗って硬化。
目と口もクーピーだよ。
なんか油性ペンだと、レジン乗せるとにじむらしいので。
油性×油性だかららしい。

うわぁ、プラバンちょっと楽しくなってきたんだけど、そうそうモノを増やしてもいられない……。
使うアクセサリーといえばピアスだけだし。
ピアスもう大量にあるし。
ストラップも目いっぱい付いてるし。
何か他に作れる実用的なものってないかなぁ。
と言いつつ、実は今日もピアス用プラバン作ってる。
飽きるから! すぐ飽きるから!

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : ハンドメイド

100均のプラバンとレジンで遊んだ

なんかテレビでプラバンの事やってて、面白そうだから100均のプラバンとレジンで遊んでみた。
いろんなサイトを参考にしながら。
今回はピアスのパーツを作ることにした。

ま、ず。
どのくらい縮むのか測ってみたところ、長さにして40%? くらいに縮んだ。
よくいろんなサイトに、「4分の1に縮む」とかって書いてあるけど、これは面積だよね。
面積だと分かりにくいから長さで管理することにした。
つまりこのプラバンでは、作りたい大きさの2.5倍の「長さ」で図案を作れば良いってことだね。

しずく型の図案を描いて、めうちで輪郭をなぞって、切るときのガイドとしたよ。

FJ310601_R.png

FJ310602_R.png

↑こんな感じで傷をつけるよ。

この図案に模様が描いてあるのは、ポスターカラーで色を塗ってから焼こうと思ったから。
でも、ポスターカラーで焼く前に色を塗ると……

FJ310607_R.png

こんなになっちゃうの。
だからここに書いた模様は意味無いの……(´・ω・`)

ちなみに。
左右対称の図案を作るときは、鉛筆で左半分(または右半分)を描いて、中心になるところを折って上からこすって転写すると良いよ。

さて、切れたら、穴を開けたいところに印をつける。

FJ310603_R.png

で、穴あけパンチで穴を開けるんだけど、

FJ310604_R.png

こんな風に裏蓋を取っておくと、印のところに穴をあけやすいの。
ただ、ふたが無いので当然かけらが自由行動をしちゃって危ないので、位置合わせをしたら穴を指でふさいだりして、かけらが飛ばないようにしよう。

焼く前に準備。
焼いた後にプラバンを平らにするために、クッキングシートではさんで、何かしら平らなものを乗せて上から押さえるの。
なので、クッキングシートを半分に折ったものを広げて机に置いておいて、何かしら平らなものを横に準備。

準備ができたらいよいよ焼く。
くしゃってしてから広げたアルミホイルに乗せると良いっぽい。
さらに、このとき予熱をしておくと歪みにくいらしい。
プラバンの袋にいろいろ説明が書いてあって、「何ワットで何秒」とかも書いてあるけど、当てにしない。
焼いてる最中は常にじっと見張ってよう。
縮み始めると、多分すげー形にぐにゃっと曲がってくると思う。
でも慌てるな!
しばらくするとほぼ平らになるから!

で、ほぼ平らになって縮むのが終わったら、軍手とかしてやけどしないようにしてアルミホイルごと取り出す。
そしたら素早くクッキングシートの上にプラバンをざっと移して、それを挟むようにクッキングシートを半分に折って、上から平らなものでプレス。

FJ310605_R.png

これでひと段落。

そしたら、焼いた後のプラバンの大きさに合わせて模様を描き直して、ずれないように両面テープを貼ってからプラバンを乗せる。

FJ310606.jpg

ごめん、両面テープの色がこんななのは、古いから。

さあ、ここからは苦行だよ。
こんなに小さいものにポスターカラーで模様を描くとか……(´・ω・`)

FJ310608_R.png

きちゃない。

FJ310609_R.png

きちゃないな?

……乾いたら!
100均(ダイソー)でGETしたレジン液を塗るよ!

FJ310610_R.png

塗れた。

FJ310611_R.png

どうかな。
きちゃないのが多少軽減されたんじゃないだろうか。

で、紫外線に当ててレジンを硬化させるよ。
私はお金もないし、モノを増やしたくもないので太陽光で硬化させた。
太陽光で十分だよ!

ここでレジンについての注意!
レジンは油性のものの上に塗るとはじいちゃうことが分かった。
なので、塗る前には塗る面をウェットティッシュとかで拭いて、さらに乾いたティッシュで乾拭きしておくこと。
作る最中も手袋とかしてるとなお良いらしい。

で、ピアスパーツをつけて出来上がり!

FJ310626.jpg

接写レンズつけて撮ったんだけど、かなりピンボケしてるねごめん。

ほかにも2つ作ったんだけど、また今度。
楽しかった。

続きを読む(目次のリンクはこの先で有効になります)


ジャンル : 趣味・実用
テーマ : ハンドメイド

ステータス
細野ゆとり
あそびにん
せいべつおんな
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おえかき
ブログ内ページランキング
その他SNS
検索フォーム
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR