カテゴリ:てづくり-そのた »

ルーズリーフ作ってみた

なぜか押入れに大量のB5ルーズリーフがあって邪魔。
そうだ、お勉強しよう。
ということで、大量のルーズリーフをお勉強ノートにすることにした。

「ルーズリング」という商品があることを知ったので、自分でルーズリーフノートを作ってみることにした。



この商品、初めのサイズはA4だけど、どこでもハサミで簡単に切れるんだ。
しかも、開いたページのまま、表紙と前のページを、後ろにパタンと閉じられる。
つ、伝わるかな……?
コンパクトになるってことですよ!

で、これを開いたり閉じたりするにはどうするかっていうと、「ルーズリングジッパー」ってものを使う。

カール ルーズリングジッパー14MM Z−14

カール ルーズリングジッパー14MM Z−14
価格:108円(税込、送料別)



私これ買ったんだけど、ルーズリングの説明書に、手でも開閉できるって書いてあった orz
まあ、安いからいいんだけどさ。

で、困ったのは表紙、裏表紙。
ルーズリーフだけだとふにゃふにゃしてしまうので、なんか硬い素材でできたルーズリーフ用のパーツを探してみた。
100均で。
見つからなかったぁ~。
前は、厚い紙でできたインデックスシートを売っていたんだけど、今はぺらぺらのしか売ってないの。
仕方ないから、やっぱり100均で、PPシートを買って自作することに。

FJ310475.jpg


まず、ルーズリーフよりちょっと大きめに、角丸長方形に切る。
で、ルーズリーフを当てて、PPシートに穴を開けるところに印をつける。

FJ310492.jpg

で、1穴パンチでひたすら穴を開けていく。

FJ310493.jpg

写ってるかわいいのが、ダイソーで買った1穴パンチ。
1穴パンチいくつか売ってたけど、これはコピー用紙12枚同時に開けられるという最強のものだったのでこれにした。
位置合わせが難しかった~!
照明の方に掲げるようにしてシートとパンチをあわせると、かすかに丸く光があたってるのが見えるの。
それに合わせてパンチパンチ!
結構軽い力で開いたよ。

で、これをふたつ作って、間にルーズリーフを挟んで、ルーズリングでまとめて出来上がり。

FJ310494.jpg

ルーズリング、欲張って一番径が大きいやつにしちゃったからちょっともてあまし気味。
でもこれからいろいろお勉強するぞ! って気分になれたよ。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

細野ゆとり

細野ゆとりと申します。
ひまじゃいけないのにひまですの。
やる気が出るまでひまつぶし

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おえかき
検索フォーム
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR