ClipStudioModelerで光沢を表現



まずSketchUpでこういうモデルを作って.objでエクスポート。
マテリアルは全て濃い目のグレーに着色しただけ。

これをModelerで読み込んで、「オブジェクト情報」パレット? の値をいじる。
デフォルトではこうなってる。

2018-07-31_143427.jpg

「光沢強度」の値を下げると、光沢が出るっぽい。

みっつほど、値を変えた素材を登録してPaintで配置してみた。

2018-07-31_144900.jpg

真ん中がいい感じ。

まあ、いつものことだけど、3D素材のテクスチャを変えたところで意味なんか無いんだろうけど。

ジャンル : コンピュータ
テーマ : フリーソフト

SketchUpからClipStudioPaintへ3Dデータを(無料で!)

ClipstudioPaintで3Dオブジェクトを色々配置して楽しんでたら、どうしても自動式拳銃の3D素材が欲しくなった。
で、ClipStudioで3D素材を探してみたところ……無い!
有料のしかない!
無料が無いなら作ればいいじゃない。
ということで、前から使っている3D作成ツール、SketchUpで作って読み込めないものかと色々調べた結果。
できた! 無料で!
なので覚え書き。

まずはSketchUpを無料で手に入れなくちゃならない。
なんか今は、無料ならブラウザ版を使えよ、ってことらしくて、公式から普通に手に入れようとしてもダウンロード版が見つからない
(私の探し方が悪いのかもしれないけど)。
なのでぐぐって、SketchUpMake2017というのを手に入れよう。
「SketchUp 製品のダウンロード」ページ
【2019.04.17追記】
このダウンロードページに飛ぶと、こんな画面になるんだけど、
SketchUpダウンロードページ画面
なんかサインインしないとダウンロードできないみたい。
Trimble IDをすでに持ってるなら「Sign In to Trimble ID」からサインイン、持ってないなら「or Create Account」でサインアップ……といきたいところだけど、どっちクリックしてもサインインのページに飛ばされる……。どうなってるのTrimble……。
アカウント作成は「Trimble ID」とかでぐぐると出てくるはず。
一応今現在有効なリンク→Trimble ID 作成ページ
パスワードに入れなくちゃいけない文字にいくつか決まりがあって、こう書いてあるんだけど
1.Passwords must be at least 8 characters long
2.Passwords must contain the following:
1.At least one lower case letter
2.At least one upper case letter
3.At least one number
4.At least one other character from the set !@#$%&*

大文字、小文字、数字、記号( !@#$%&*の中のひとつ以上)を混ぜないとだめ。
記号が入ってる辺り、結構みんな普段使ってるパスワードじゃだめなんじゃないかなぁ。
そのほかの項目は……まあ……うん……。


次は、ClipStudio用の3D素材にするために、ClipStudioModelerというのを手に入れる。
一からモデルを作りたい人は製品版を買わなきゃいけないけど、そうじゃない人は無料版でいける。
無料版ClipStudioModelerのダウンロードページ

さて次に、SketchUpで作ったモデルを、ClipStudioModelerで読み込める形式で保存しないといけない。
読み込めるのは、fbx、6kt、6kh、lwo、lws、obj、らしい。
なんか色々探したけど、理由は忘れたが、objにしようと決めた。

SketchUpMake2017では、そのままじゃobjファイルをエクスポートできない。
なのでプラグインを手に入れる。
探して出てきたのが、「QuadFace Tools」というプラグイン。
……なんだが!
このプラグインでエクスポートしたファイルをModelerで読み込むと、なんか身に覚えの無いサーフェスが勝手に追加されて上手く行かない。
なのでちょっとめんどくさいけど、旧バージョンのSketchUpで書き出しを行うことにする。
なんで2017から旧バージョンへ持ってかなきゃいけないかというと、旧バージョンでは3DWarehouseが使えないからです。
ブラウザから3DWarehouseにアクセスしてダウンロードすることはできるけど、旧バージョンのSketchUpじゃそのファイルを読み込めないからです。
なので旧バージョン、無料版SketchUp8を手に入れよう。
SketchUp「旧バージョンのダウンロード」ページ

で、プラグインは「OBJ Exporter」というやつ。
多分前も利用させてもらった、「ruby library depot」と言うサイトから。
「OBJ Exporter」のダウンロードページ
普通に「Download」のリンクを押せばいいだけなので。

ではSketchUp8.にプラグインを導入しよう。
導入と言っても、SketchUp8をインストールしたフォルダの、「Plugins」フォルダに貼り付けるだけ。

導入できたので、2017の方を使って、3DWarehouseで自動式拳銃のコンポーネントを探す。
検索ワードは「gun」。他に思いつかなかった。
なんとなくこれがいいかなと思うやつを選択。

2018-07-31_052329.jpg

クリックするとモデルを持った状態になるので、適当なところに配置。

2018-07-31_052408.jpg

ん……? 人……?
ズームアウト。

2018-07-31_052633.jpg

いやいやいや、比率よ!
ちょっと測ってみる。

2018-07-31_053200.jpg

19817.6mm=19.8176M。
サイズよ!
3DWarehouseのコンポーネントにはよくあることだけど、それにしたって……。
ClipStudioModelerで読み込むときにこの大きさが反映されるのかわかんないけど、気持ち悪いので「尺度」でサイズを変更する。
拳銃を見たことがないからわかんないけど、とりあえず縦14cmくらいにしてみよう。
女の人を消して、「尺度」ツールでコンポーネントの角をクリック。
そしたらキーボードで、何倍にするかを入力。
別にダイアログとか出ないんで。クリックしたらそのまま入力すればいいだけ。
えー……19818/140=141.5571428571429。
1/141.5571428571429=0.0070642849934403……0.007倍ってこと?

2018-07-31_061155.jpg

Enter!

2018-07-31_061332.jpg

ちっちゃくなっちゃった。すごくちっちゃくなっちゃった。
「カメラ」メニューの「全体表示」でコンポーネントにズーム。
なんとなく原点付近に移動、なんとなく回転。

2018-07-31_062258.jpg

なんとなくコンポーネントの軸を変更。

2018-07-31_062511.jpg

コンポーネントの左下角を原点に合わせて移動したので、原点をクリック。

2018-07-31_062752.jpg

赤軸を決めるんで、表示されてる赤軸に沿ったところでクリック。

2018-07-31_062948.jpg

緑軸を決めるんで、表示されてる緑軸に沿ったところでクリック。

2018-07-31_063154.jpg

軸が変更された。
なんとなく気持ちいい。

2018-07-31_063259.jpg

エクスポートする前に、マテリアルをちょっと変えてみる。
コンポーネントをダブルクリックして編集モードにして、マテリアルを変えたい面をクリックで選択、エンティティ情報の色をクリック。

2018-07-31_063639.jpg

「編集」ボタンをクリック。

2018-07-31_063839.jpg

2018-07-31_063948.jpg

なんとなくちょっと色を薄くして、「OK」→「OK」。
すると、モデル内で同じマテリアルを使ってた部分が全部変更される。

2018-07-31_064130.jpg

もうちょっと好みの感じにしたいので、持つとこにテクスチャを適用する。
「マテリアル」ウィンドウの「マテリアルを作成…」をクリック。

2018-07-31_064500.jpg

木のテクスチャにしたいんで、「wood」って名前にして、「テクスチャイメージを使用する」チェックボックスをクリック。

2018-07-31_064712.jpg

木目の画像持ってたんで、それを選ぶ。

2018-07-31_065002.jpg

「OK」。

2018-07-31_065211.jpg

右側面と左側面の持つとこ両方を選択。

2018-07-31_064257.jpg

今作ったマテリアルを選んで、

2018-07-31_065433.jpg

塗る。

2018-07-31_065552.jpg

塗れた。

2018-07-31_065645.jpg

そしたら保存。
8の方で読み込めるように、「SketchUp Version 8」ってやつで保存しなくちゃならない。

2018-07-31_091145.jpg

できたら8の方を起動して、今のファイルを読み込む。8は英語なんだよね……。
そして「File」メニューの「OBJexporter」を選択。

2018-07-31_091509.jpg

すると下のステータスバーになにやらざららららっと文字が表示されて、最終的にこうなる。

2018-07-31_091731.jpg

「Completed」。できたよってことだね。
保存したskpファイルと同じ場所に、objファイル、mtlファイル、テクスチャイメージを格納したフォルダができあがる。

2018-07-31_092045.jpg

ああ、大事なのは、skpファイル名と、ファイルを保存するフォルダのパスには日本語とか含まれてるとダメ。
ユーザー名に日本語とか使ってるならもう、OS、C\? 直下に適当なフォルダ作って保存するしかないかな。
で、もうひとつ大事なのは、テクスチャイメージを格納したフォルダからファイルをカットして、objファイルと同じフォルダに入れること。
こうしないと、Modelerで読み込んだときに、テクスチャイメージが反映されない。
【8月6日追記】
あとね、マテリアル名にも日本語とか使ってるとダメ。
とにかくどこにも英数字意外は使わない方がいいかも。

準備ができたらModelerを起動。
新規で「3Dオブジェクト」を選んで「3Dオブジェクトを作成」。
読み込み方が分かりにくい。
たぶんウィンドウの右の方にある「オブジェクト構成」の中の木? のマーク、「ノード」をクリックして、モードを変えとく。

2018-07-31_092732.jpg

その中の下のほうにある「ファイルから追加」をクリック。

2018-07-31_092932.jpg


「開く」ウィンドウが出るので、さっき出来上がったobjファイルを選択。

2018-07-31_093110.jpg

小さい……。
今度は「ナビゲーター」ウィンドウの中にある、「上面」を選択して、見やすい角度にする。

2018-07-31_093205.jpg

それから、「全部の立体を見る」でズーム。

2018-07-31_093344.jpg

2018-07-31_093525.jpg

なんかベタッとしてる……。
モデルが表示されてる領域をドラッグしてアングルを変えて、「表示」メニューの「ライティング」にチェック。

2018-07-31_093648.jpg

わかりやすくなった。
そしたら次はClipStudio全体で使われることになるサムネイルを変える。
「オブジェクト情報」の中の画像をクリック。

2018-07-31_093856.jpg

すると、今表示されてるまんまのスクリーンショットが撮れるんで、「完了」。

2018-07-31_094023.jpg

「ファイル」メニューの「新規素材として登録」を選択。
「素材名」をつけて「保存先」を選んで「OK」。

Paintを起動。
「素材パレット」を開いてみると……

2018-07-31_094437.jpg

あるー!
貼り付けてみる。

2018-07-31_094551.jpg

モデルを起こして、カメラアングルとか光源を調整してみる。

2018-07-31_094741.jpg

できたー!

持たせてみる。

2018-07-31_100125.jpg

指の関節いじるのが難しい……。
でも持てたかな。

ああ面白かった。
ペイントソフトで参考にするだけなのに木目のテクスチャとか意味無いよね。
楽しいからやっただけなんで。

今回は自動式拳銃なんていう、使いどころのよく分からないもの作っちゃったけど、家具とか色々使えるものは作れそう。

とりあえず今日はここまで。

ジャンル : コンピュータ
テーマ : フリーソフト

pixivに投稿したやつ_宇宙でお茶会

宇宙でお茶会

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=69934131

「宇宙からの贈りもの」っていう動画をすごく久しぶりに観た。
その動画っていうか、テレビ番組がきっかけで、私は無機物に感情移入するようになったんだと思う。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 自作イラスト

pixivに投稿したやつ_モグ、ウシロー!!!

モグ、ウシロー!!!

FF6のティナは描いてて楽しいですね。
セリスもかわいいけど。

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=69892947

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 自作イラスト

「Mp3tag」でタグの書き出しと読み込み

前回の記事で、オンラインツールでmidiからmp3に変換したやつが気に入らないので自分で録音しなおしたと書いた。
で、問題のタグ。
ファイル名同じ、つけたいタグ同じ、なんとかならんのか! で、Mp3tagをごちょごちょいじってたら、見つけた。
タグをテキストファイルに出力するという機能を。
ただ、設定がちょっと分かりにくかった。私には。

まず、すでにタグがついているファイルがあるディレクトリに移動して、全選択する。

2018-07-27_093036.jpg

ああ、画像ではYUKIのアルバムになってるけど、本当は自作midiをmp3に変換したファイルたちでやったんで。
なんとなくリストを見られるのが恥ずかしかっただけなんで。

で、メニューの「アクション」→「アクション」を選択。

2018-07-27_093104.jpg

するとこういうサブウィンドウが開くので、右の星マーク、新規作成を選択。

2018-07-27_093200.jpg

すると、設定の名前をつけるウィンドウが出ると思うんで、分かりやすい名前をつけとく。

今度はこういうサブウィンドウ。
この設定にどんなアクションを追加するかってことだね。
また星マークの新規作成を選択。

2018-07-27_093225.jpg

するとまた新しいサブウィンドウ。
プルダウンメニューから「テキストファイルを出力」を選択。

2018-07-27_093308.jpg

次は、どんなファイルで出力するかを設定する。
とりあえずcsvで出すのが分かりやすかったので、元からあった「csv」って設定を、右のボタンで「複製」する。

2018-07-27_093356.jpg

分かりやすい設定名をつけて「OK」。

2018-07-27_093421.jpg

で、前のウィンドウに戻るので、右の「編集」ボタン。

2018-07-27_093433.jpg

2018-07-27_093643.jpg


こういうファイルがテキストエディタで開くので、これを編集するんだけど、とりあえず上の画像で赤く囲ったところはいらないっぽい。
ので、消す。
大事なのは次。

2018-07-27_093733.jpg

赤く囲ったところが、出力されるタグの種類。
このソフトで認識するための値かな。
「%」で囲ってあるのが種類で、「%」から「%」まででひとかたまり。
で、値の終わりには半角セミコロン「;」をつける。
そういう決まりっぽい。
で、私なりに必要だと思う種類のタグを書いたのがこれ。

2018-07-27_093909.jpg

曲のタイトル、アーティスト、アルバムの名前、トラック番号、アルバムのアーティスト、曲のジャンル、作曲者。
書けたらCtrl+Sでセーブして、このファイルを閉じない
あとで使うから。
「テキストファイルを出力」のウィンドウに戻って、「下のファイル名で出力」のとこの「…」を押して、テキストファイルを保存したい場所を選んで、分かりやすい名前をつけて「OK」。

2018-07-27_094000.jpg

すると前のウィンドウに戻って、今のアクションが追加されたことが分かるんで「OK」。

2018-07-27_094152.jpg

今作った設定のチェックボックスをオンにして「OK」。

2018-07-27_094210.jpg

なんちゃらって確認メッセージが出るんで「OK」して、指定した保存場所にできたファイルを見てみる。
……私の環境にはcsvを扱えるソフトが入ってないので、テキストエディタで開く。
こんな感じ。

2018-07-27_094400.jpg

さっき設定したとおりの種類のタグが、セミコロンで区切られて出力されてる。

そしたら今度は読み込んで書き込み。
タグを変更したいファイルのディレクトリに移動。
あっ、多分、書き出し元と書き込み先のファイルの並び順とか一緒じゃないとダメなんじゃないかな。
私はまったく同じ名前のファイルが格納されたディレクトリ同士でやり取りしたんで良くわかんないけど。
で、移動したらメニューの「変換」→「テキストファイル-タグ」を選択。

2018-07-27_094502.jpg

するとこういうサブウィンドウが開く。

2018-07-27_094709.jpg

これの「文字列規則」のところに、さっき閉じないでおいたmteファイルのテキストをコピペする。
この部分。

2018-07-27_094617.jpg

で、「ファイル指定」の「…」ボタンでさっき書き出されたcsvファイルを選んで「OK」……の前に、「プレビュー」ができる。
「プレビュー」を押すと、こんなテキストファイルが開く。

2018-07-27_094854.jpg

どうだ。
思ったような結果になってたらテキストファイルを閉じて、「OK」。
それで無事に全ファイルの全タグが書き込まれる。
または書き換えられる。

なんかさ、毎回同じようなこと書くけどさ、もしかしたら手入力で全部書き直したほうが早かったのかもしれないけど、こういう、自分にとって新しい機能使うのが好きなんだよね。
自動で~、とか、一度に複数~、とかが気持ち良いの。
嬉しくない?
私は嬉しい。

ジャンル : コンピュータ
テーマ : フリーソフト

midiからmp3へ録音

この間の記事に、オンラインツールでmidiをmp3に変換したけど、音が良くなかったって話を追記した。
気づくともうだめで、聴いていられない。苦痛。

もう、録音することにした。

むか~しむかしは、Mレコってソフトを使って録音してたんだけど、midiの遅延のせいなのか、曲の終わりが早めにブツッて切れちゃうことがあるの。
なので、持ってたAudacityってソフトで録音することにした。

知らなかったんだけど、Audacityってmidiの取り込みができるのね。
ただ、バージョン2.2以降じゃないと、取り込みはできるけど再生とか録音ができないという、謎の機能だったみたい。

早速、ファイルメニュー→取り込み→MIDIの取り込みでmidiを取り込んで録音。
できるだけ大きい音で再生した方がいいらしい。
メーターが赤くならない範囲だと思う。
私はこのくらいにした。

2018-07-26_172937.jpg

録音も停止も手動。当たり前?
で、停止は、ちゃんと録音メーターが完全におさまってからにしよう。

で、録音したらば再生してみる。
すると、いろんな音が混ざって再生されてしまった。
取り込んだmidiのトラックと、録音したトラック、両方が再生されてたからだ。
midiの方を「ミュート」にする。

2018-07-26_091851.jpg

で、再生。

曲の始めに、「プツッ」って音が入っちゃうことがある。
そういう時は、録音したトラックの「プツッ」部分をドラッグで選択して、Deleteキーで削除。

2018-07-26_095858.jpg

それから、「サーッ」っていうノイズが気になることもある。
そういう時は「ノイズの除去」。
録音したトラックの、「サーッ」の部分をドラッグで選択して、メニューバー「エフェクト」の「ノイズの除去」を選択。
するとこういう画面が出てくるので、「ノイズプロファイルの取得」を押す。

2018-07-26_150403.jpg

すると、なんも起こらずにウィンドウが閉じるけど、これでAudacityちゃんが「あ、この音がノイズなんですね」って覚えてくれるらしい。
次は、ノイズを除去したいトラックを全選択して、また「ノイズの除去」を選択。
さっきと同じサブウィンドウが開くんで、なんか設定とかあるけどわかんないんで無視して「OK」を押す。
するとノイズが除去されるという仕組み。
設定いじらなくてもちゃんときれいになる。

で、問題は音質。
再生された音を録音してるはずなのに、できあがったmp3を聴くと、音がこもってるって言うか、遠いって言うか、なんか違う。
ちょっと調べたところ、「イコライザー」っていうので、低域、250Hz辺りを中心にカットすると良いっていう、おしえてgooの回答が見つかった。
早速、録音したトラックを選択して、メニュー→エフェクト→イコライゼーションで、250Hzのスライダーを下げてみた。
う~ん、微妙に違う……。
で、関係ないかもしれないけど、メニュー→解析→スペクトラム表示っていうので、波形? を見てみた。
すると、一番山が高いのが、125Hz辺りのところ。
なんで、その辺を中心に滑らかに下げてみたところ……これ! これっス! って音になった。
その時のイコライゼーションの設定がこれ。

2018-07-26_204113.jpg

125Hzを-12、その両隣を-6、更にその両隣を-2にしてみた。
私はベースの音が好きで、クリア且つ厚みがないと気に食わない。
そして、あの、左手をスライドさせてぎゅーんってやるやつ、あの音がはっきりしてないと嫌だ。
私が作ったmidiで、私の環境で、私の好みではこれがかなりいい設定だった。
テキストファイルにメモしたよ。
ああ嬉しい。

ところで、おま環かもしれないけど、イコライゼーションを続けて設定しようとすると、スライダーを動かしても上の波形が動かなくなるの。
その状態だと結果に反映されないんで、一回そのままOKして、一応Ctrl+Zで取り消して、もう一回イコライゼーションの設定を開く。
するとちゃんと波形が動いてくれる。
なんなんスかね?

あ、出来上がったトラックを書き出すときは、そのトラックをクリックで選択して、

2018-07-26_173950.jpg

メニューのファイル→Export→選択したオーディオの書き出しで保存する。

もうひとつ、苦労して音色を調整したmidiファイルも、同じイコライザーの設定で上手くいった。
他に、ピアノだけでできたmidiが大量にあって、それはもう面倒なのでイコライザーかけなかった。
特に音色いじったわけじゃないし。
イコライザーかけなくてもそんなに問題なかったし。

問題があるとすれば、mp3につけるタグ。
オンラインツールで変換した前のファイルのタグはもうすでに「Mp3tag」で編集済みで、また同じ作業繰り返すのかよ……って、ちょっとげんなりしてたんだけど、手間を省く方法を見つけた。
それはまた別の話

ジャンル : コンピュータ
テーマ : フリーソフト

アメピンで髪を留めるコツがわかったかもしれない

アメピンの挿し方

ぐぐったりして色々試したんだけどいまいち上手くいかなくて。
私の髪が太くて硬いからかもしれないけど。

けど昨日あたり、自分で試行錯誤してたら「あっ!」ってなったので。
主に自分用の覚え書き。

挿し絵に透かし文字なんか入れてみたけど、こんなの転載する人いないか……。

ジャンル : 日記
テーマ : 日記

pixivに投稿したやつ_まじありえねえ

1807231705.jpg

フキダシを入れるかどうかでずいぶん悩む。

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=69824556

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 自作イラスト

ファイル管理

この間の「Mp3tag」でタグいじってたら、他のファイルも色々いじりたくなってきた。

まず、ず~~~~~~~~~~~~~っと昔に買った楽譜を見ながら打ち込みで作ったmidiファイルをmp3に変換した。
やはりず~~~~~~~~~っと昔は、なんとかっていう、midiを再生して、その音を録音するって形でなんとかするツールを使ってたんだけど、今は便利ね。
オンラインで変換してくれるサイトがあるのね。
Bearオーディオオンラインツールってところでやってもらった。
利用規則が英語だったから読まなかったけど平気かな……。
【2018年7月26日追記】
あー……っと、mp3に変換してもらえるのはいいんだけど、なにせmidiだから、環境によって音がすごく変わるでしょ?
私も、自分の環境で最適になるように音色とか調整したから、できあがったmidiの音があんま意図しない感じになってしまった。
うーむ。
オンライン変換、大変便利なんだが、やっぱ自分の環境で再生したものを録音する方がいいのかも……。

で、できたmp3のタグを、やはりMp3tagでいじった。
midiから変換したファイルだから当然、何のタグも付いてない。
ファイル名も、昔適当につけた連番だし。
まあ、そんなに大変でもなかったけど。

次は、大量になってきた、描いたイラストのファイル名リネーム。
ペイントソフト用のファイルもそうだし、jpgとかpngにしたファイルももうたくさんある。
jpg、pngにしたファイルだけで238個とか。
で、更新日時とか作成日時とかでソートかけるんだけど、なんかいつも思ったように並べ替わってくれない。
それに、ファイル名見ただけでいつのものか分かるようにした方がいいらしいと分かったので、ファイル名の先頭に日付を追加することにした。
いくつかソフト試したけど、今のところ使ってていいと思ったのは「Flexible Renamer」ってやつ。
使い方も分かりやすいし、細かい設定もできるし。
今使わない機能でも、いつか使えそうとか、こういう機能あったら便利そうとかいうのがあるソフトが好き。
今回は、「更新日時」をファイル名の先頭に追加した。
なんかたまに、ファイルのタイムスタンプが勝手に書き換わることがあるんだけど、これらのファイルは幸い大丈夫だったのでよかった。
そう、フラッシュメモリにバックアップとったり、コピペしたり、どういうきっかけか分からない理由でもタイムスタンプが書き換わっちゃうことがあるので、そんな理由もあってファイル名にタイムスタンプを追加したんだった。
他にもたくさんの写真ファイルとかあるんだけど、もうすでにタイムスタンプがわやくちゃになってしまってるので諦めた。
まず見返さないし。

あとは、Googleドライブフォルダとマイピクチャフォルダ、両方にイラストを保存するフォルダがあって、両方に保存されてるファイルもあれば、片方にしかないファイルもあると言ったように、もう、なんなの? って感じになっていた。
ので、ずっと使っているバックアップソフトに、その両フォルダを同じにする設定ファイルを追加した。
使ってんのは「BunBackup」ってやつ。
なんでこれを使うことにしたかは忘れた。
設定としては、「ミラーリング」じゃないんだよね。
「バックアップ元」にないファイルは「バックアップ先」で消されちゃうし。
もっといいソフトとか設定があるのかも知んないけど、私はとりあえず、「バックアップ元」と「バックアップ先」をそれぞれ入れ替えた設定を追加してバックアップすることにした。
えっとつまり、「マイピクチャからGoogleドライブへバックアップ」と、「Googleドライブからマイピクチャへバックアップ」という、2つのプロセスを作ったって事だね。
上書きするときは確認するようにしてるんだけど、なんかやたらと上書きしようとするの。
私の設定が甘かった。

2018-07-23_132849.jpg

この詳細設定で、「新しいファイル」と「新しい時刻」だけにチェック入れるべきだったんだ。
デフォルトで「異なる時刻」にチェックが入っていて、だから新しいファイルを古いファイルで上書きしようとするなんてことが起きてたんだ。
……まあ……もっといい方法、いいツールがあるんでしょうね……。
今ちょっと探すのが面倒なんでこれでいいです……。

ジャンル : コンピュータ
テーマ : フリーソフト

アクリルたわし

アクリルたわしっていうのは、アクリル毛糸を適当に編んで作った台所用たわしのこと。

これをもうずーーーーーーーーーーーっと前から愛用してる。

よく、洗剤なしでも油汚れが落ちるエコグッズとか紹介されてて、まあ確かに油汚れもまあまあ落ちるんだけど私が言いたいのはそうじゃなくて。
茶渋!
めっちゃ落ちるの。
特に力入れなくても時間かけなくても簡単にキレイになる。

もうこれがないとやっていけない。

個人的に、かぎ針で編むより棒針で編んだ方がやわらかくて好き。

ジャンル : 日記
テーマ : 日記

pixivに投稿したやつ_YUKI

YUKI

どう頑張ってもこっち向いてくれないのは何ででしょうかね……。

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=69771845

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 自作イラスト

mp3のタグをいじった

WindowsMediaPlayerでマイミュージックの中を見てみたら、アルバム情報とかアーティスト情報とかがひどいことになってたので、「Mp3tag」という、mp3のタグを編集するツールでいろいろ直した。

編集してる最中、「アーティスト」と「アルバムアーティスト」を間違えて、「classical ever! one」の「アーティスト」をすべて同じものに書き換えてしまった。

2018-07-19_094004.jpg

「ARTIST」が、1曲ずつのアーティスト情報、「ALBUMARTIST」が、アルバム全体のアーティスト情報。
いろんなアルバムで統一したかったので、「さまざまなアーティスト」にしたんだけど……。

2018-07-19_094030.jpg

2018-07-19_094114.jpg

仕方なく、このように1曲ずつ値を入力していった。

アンドゥとかあったのかな……。

WindowsMediaPlayerとかエクスプローラで「参加アーティスト」と表示される項目が、Mp3tagでの「ARTIST」にあたるみたい。
なんかこう……統一してほしいよね。

ジャンル : コンピュータ
テーマ : フリーソフト

ディスプレイのキャリブレーション

自分で描いた絵をPCとスマホで見比べてみると、色の濃さが全然違う。

調べたところ、キャリブレーションというものをしないといけないらしい。
色合わせ?

スマホにはその機能がないらしいので、PCをスマホにあわせるしかないかなーと。
スマホの設定が合ってるとも限らないんだけどね。

色々設定いじってたら、もう何が正しいのか全く分からなくなってしまった。
何色が強いのかが特に分からない。
輝度とコントラストは、参考にしたサイトに、「この文字がぎりぎり見えるように調整しよう」ってあったから、それはいいんだけど。
「このグレーが完全な無彩色に見えるように調整しよう」って言われてもさ。

なんか今もPC操作してて、あれ? ちょっと彩度が低すぎないか? って思ってるし。

どうしたら適切な調整ができるんでしょうか……。

ジャンル : 日記
テーマ : 日記

pixivに投稿したやつ_カッコつけられると~



「カッコつけられると思ったんでしょ」

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 自作イラスト

FC2ブログ管理画面のメニューがクリックできない

ぐぐってみたところ、たくさん出てくるのは、Chromeの広告対策拡張機能のせいだっていう記事。

なんとなく入れてた、なんとかっていう拡張機能と、勝手に入ってるカスペルスキー先生の拡張機能、両方切ってみたけどやっぱりクリックできない。

もう!

なので、きっとまたカスペルスキー先生本体が悪さしてると思って色々設定いじってみた。

ビンゴ。

カスペルスキーの
設定→プロテクション→バナー広告対策→バナーを許可するWebサイト
に、「admin.blog.fc2.com」を追加したらクリックできるようになった。

拡張機能のおかげか、広告は表示されないまま。
いやっほう。

pixivに投稿したやつ_唇歯輔車



https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=69613757

ぴったりくる言葉見つけるのって難しいですね。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 自作イラスト

pixivに投稿したやつ



https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=69506078

ノーコメント。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 自作イラスト

ステータス
細野ゆとり
あそびにん
せいべつおんな
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おえかき
ブログ内ページランキング
その他SNS
検索フォーム
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR