フリンジつき三角ショール

三角ショール

使った糸はこちら。

三角ショール毛糸表

毛糸ピエロさんの、えーと、名前が書いてないなぁ。
「C445 綿100% (草木染・手染め向け 生成り糸)」だそうです。
手染め向け……。
そのまま使ったけど、いいんだよね??

編み図はこの本~。

ニットmarche vol.11 (Heart Warming Life Series)

この、表紙に載ってるやつね。

ところがどっこい。
ちょっと小さい出来上がり……。
糸が細かったのかなぁ。
指定の糸と、番手は近かったはずなんだけど。
ん、もしかして。
私の身体がでか……あうう!

フリルのリストウォーマー

フリルリストウォーマー

使った毛糸はまたこれ。

フリルリストウォーマー毛糸表

毛糸ピエロさんの「ひだまり」さん。
前回のジレと色が似てるけど、違うのよ。

編み図はこの本。

てぶくろ&ハンドウォーマーBOOK (Let's knit series)

ん? これであってるんだっけ。
うん、多分これ。

リストウォーマーなんて、あったかくなさそうだし、袖で隠れちゃうし、意味ないじゃん、って思ってたけど、
これは袖からちょっと出してかわいいかもと思ったのです。
春も使えるように、綿と麻の糸で作ってみた。

フリルのところ、わかりにくいけど、二重になってるのです。

まぁ、やっぱり考えちゃうのが、どういう服に合うかってことだよね~。
考えてから作れよ~。

2wayジレ

2wayジレ

使った毛糸。

2wayジレ毛糸表

毛糸ピエロさんの、「ひだまり」さん。

編み図はまたまたまたこの本。

ニットmarche vol.11 (Heart Warming Life Series)

自分がジレなんて作るとは思ってなかったよ。

やっぱり、小ものと違って時間がかかるね。
棒針も久しぶりに持ったから、なんだか変な感じだったよ。

時間はかかったけど、編み方は簡単でよかったなぁ。
袖もないしね。
袖つきのものなんて編んだことないし、今のところ、編みたいとは思わないなぁ。

ほんと、小ものばっかり作ってるよね。
なんなんだろうね。
やっぱ短時間でできるからか。
基本がめんどくさがりやだからだな。

少しあったかくなってきて、出番が近づいてるね、ジレ。

つけ襟風ネックレス

つけ襟風ネックレス

う~む。
やっぱり写真がうまくないなぁ。
あと、ひもがまっすぐじゃなくてちょっと変。

使った毛糸~。

つけ襟風ネックレス毛糸表

毛糸ピエロさんの「ひだまり」さん。

編み図はまたまたこの本。

ニットmarche vol.11 (Heart Warming Life Series)

ん~と。
この毛糸で作る予定だったのって、つけ襟風ネックレスじゃなくて、
つけ襟だった気がしてきた今日この頃。
ま、いっか。

具合が戻ってきて、ざんざか作り始めましたよ。

あ~。
こうして見ると、ひもが細かったかなぁ。
もうちょっと太いひももあったんだけど、細いほうがかわいいかなって思ったんだ。
ちなみにこのひも、売り場がまったくわかんなかった。
ユザワヤに見に行ったんだけど、ぐるぐる探し回って見つけたのが、
ヘンプが置いてあるところにあったこのコードなのです。
名前は忘れた。
見るのも面倒でする……。

さー。どんな服に合うのでしょうか。

ラリエット

ラリエット

モチーフをつないだラリエット。

使った毛糸はこれ。

ラリエット毛糸表

ダイソーさんの「コットンソフト」さん。
ダイソーで春夏の糸売るとは思ってなかったよ。
すばらしい。
でも結構、ほぐれちゃう糸でした。

編み図はまたこの本。

ニットmarche vol.11 (Heart Warming Life Series)

どーですか。
私の写真がいまいちなんだけど、かわいいと思うのです。

ちょっと前までは、モチーフつなぎって、何だか古臭い感じ、って思ってたのに。
歳!?
……。

ああ、そうそう。
これを編み始めて少しして、具合が悪くなってしばらく中断。
で、休んでるときに地震が来たんだよね。
……びっくりしたね……。
被災地の方々の無事はもちろんのこと、動物たちの無事も祈りたい私なのでした……。

アンクルシュシュ

アンクルシュシュ

この靴には合わないか?
まあいいか。

使った毛糸はこちら。

アンクルシュシュ毛糸1表
アンクルシュシュ毛糸2表

毛糸ピエロさんの、「シャインコットン」さん。

結びひもは、ほんとはリボンを使うということだったんだけど、
めんどくさいので、色違いの糸をくさり編みにしたよ。

編み図はこの本。

ニットmarche vol.11 (Heart Warming Life Series)

やばいなぁ。
この本、かわいいのがいっぱい出てるんだ。

そういうわけで、いろいろ許す限り、作っていこう。
具合もだいぶよくなったしね。

あごのせ猫


あごのせるの、好きだよね~。
でもさすがにその体勢は疲れない?

カモミールチンキできあがり


できた~。
なんかすごい色。

早速、クエン酸リンスに入れてみた。
ん~。
よくわかんね。
最近、クエン酸リンスにグリセリン入れたんだけど、
そのせいか、髪がいつも以上にごわごわしてる。
でも、クエン酸溶かしちゃった分は使いきらないともったいない。
あと少しは我慢しよう。

ドラえもんのポケット

甘えだってわかったところで、
結局甘えただからなにも変わらないという。
ぐ~るぐる。
宇宙の外のことを考えるときと同じ感覚。
出口があるのかないのか、
始まりや終わりがあるのかないのか、
まっっっっったくわからない。

こうなんじゃない?
あ、そうだよね。
じゃあこうしたら?
でもこうだから……。
って言うことは、こうなんじゃない?
あ、そうだよね。
じゃあこうしたら?
でもこうだから……。



ね? 終わらない。

あぁそうか。
なんと言っても、命はいつかは終わるのね。

「死ぬのを恐れて、生きることができない」
この歌詞に気づいたときは驚いた。

あああ、こんなことを書いても大丈夫だろうか。
何でこんなことを書くんだろう。

こう言った関係の掲示板やチャットは、確かに悪影響だな、と実感した次第です。

さてどうするか……。
とりあえず編みかけのものを編もう。
無理はしないように。
無理すると、何倍もの時間、棒に振ることになるから。

あのさ、地球が揺れてるのか自分が揺れてるのか、
わかんなくなるよね。
脈のせいで自分が揺れるのね。
昔からよく、そういうことあったけど、
今は常にだもんね。

仮装大賞見たよ。
ああいうの、いいね。

そう。
気をそらすということ。
考えすぎるな、とかよく言うけど、
考えすぎちゃうようなときって、
考えるのをやめると、大事なことを見逃しそうな気がしてこわいんだよね。
抜け出すのが難しい。
今もそう。
だからこんなんなっちゃった。

もうすぐ6時だってのに暗いなぁ。
どうした?

パケット代、今月はMAXいっても仕方なかろう。

……脳味噌の回路って笑っちゃうね。
どんどん枝分かれして、メモリがいっぱいになる。
メモリの少ない私は、さっき考えてたことをすっかり忘れてしまう。
Ctrl+S……。
メモ?
でも、その必要ある?

だいぶ続いてた日記、だいぶ書いてない。
よくなってきたからだと思ってるけど、
できればつづけたいよね。
なんとなく。

少し明るくなってきたからもうやめよう。

ティアードスカート

ティアードスカート

久しぶりにミシン出して裁縫やってみた。

多分、すごく簡単で、半日でできたんだけど、
なんか具合悪くてたびたび手が止まってしまった。

この間から、いい感じのグリーンの生地でティアードスカート作りたかったんだ。
春だし。
写真よりもうちょっときれいな色なのよ?

すそがレースの、コットンのアンダースカートと、
ジャージ素材のすそにチュールレースがついたスカートがあって、
それの上にはきたいんだ。
なのでちょっと短め。

サイズを計算するのは止めましょう。
する人いないと思うけど。

一応作り方。

一段目は、ゴムを通す分、縫い代を多くとって(7cmくらい)、幅110cmくらい(多分本当はヒッププラスゆとり分)、出来上がり長さ15cmにカット。
二段目は、上下の縫い代1cmずつとって、幅は一段目の2倍、出来上がり長さ15cmにカット。
三段目は、上の縫い代は1cm、すその縫い代は2.5cmくらい、幅は1段目の3倍、長さは一段目、二段目と同じ15cm。

それぞれに、縦15cmになるように、チャコで縫い代の印を付ける。

それぞれ、耳じゃない部分をロックミシンで始末する。

1、2、3段目とも、脇を縫い合わせて輪っかにする。
一段目だけ、ゴム通し口の部分は縫わないでおく。
縫い代はアイロンで割っておこう。

私はまず、ゴムを通すところと、すそを最初に縫った。

ゴムを通すところは、まず端の縫い代1cmをアイロンで折って、
さらに3cm折る。つまり三つ折り?
で、折り山から0.5cm位のところをぐるっと縫う。
これでゴムを通す部分が完成。

すそはそのまま、2.5cm折って、折った布の端のほうをぐるっと縫う。

ここからがちょっとめんどい……。

1段目の下部分と、2段目の上部分の、それぞれ幅を4等分にしたところに印を付ける。
印を付けたところで1段目と2段目を中表に合わせてまち針で止めておく。
2段目の上部分、縫い代の外側を、4分の1だけ、ぐし縫いする。
糸は引いて、ギャザーを寄せておく。
1段目の4分の1部分と長さがそろうまで、ギャザーを緩めて行く。
ギャザーをいい感じに散らして、1、2箇所まち針で止めておく。
これの繰り返し。
全部できたら、ぐるっとしつけをする。
ギャザーを寄せた2段目を上にして、ミシンでぐるっと縫う。

2段目と3段目も同じようにギャザーを寄せて縫い合わせる。

段と段を縫い合わせた部分の縫い代を、上に倒してアイロン。
私は面倒だったのでアイロンは省きました。だめ? だめ?

表に返して、上に倒した縫い代を縫いとめるように、
合わせ目から5mmくらい上のところをぐるっと縫う。
1、2段目の合わせ目と、2、3段目の合わせ目、両方する。

んっ。完成。

これで伝わるのだろうか……。

久しぶりにやったけど、裁縫もやっぱりおもしろいね。
今日は具合が悪くてちょっときつかったけど。
ただ、布を裁ったりミシンを出したり、場所をとるのが難点。
あと、一度裁ったら取り返しがつかないのがこわいところ。
それと、下手すると、買ったほうが安いという。

でも楽しいよ!

中折れハット

中折れハット

「ニットマルシェ」に載ってた中折れハットを編んでみた。

ちなみにこちら。

ニットmarche vol.11 (Heart Warming Life Series)

使ったのはこれ。

麻ひも

100均の麻ひも。

いや~、きつかった。
数目編むたびに、手が痛くて、プルプルしないとやってられなかった。

なんか、シルエットが違うなぁ。
テクノロートをケチったからだろうか。
麻ひもかたくて、テクノロートが果たして意味あるのだろうかと思ったのですよ。
糸が違うからかな~。

中折れハットなんて手にするのも初めてで、これでいいのかどうかよくわからない……。


輪針ケース

輪針入れ閉

輪針入れ開

先日のニッティングバッグを参考に、長編みだけで編んでみた。

で、気づいたんだ。
布をこうやって折ればいいことに。↓

輪針入れ折り方

こうすれば、まつり縫いの隙間から針先が飛び出る心配もないじゃないか。
あぁ、この間のもそうすればよかった……。

一応、ケーブルの部分を止めておくように、スナップつきのベルトをつけた。
ベルトの端に、花のモチーフもつけてみた。
どうだろう。

松編みのポシェット

松編みのポシェット

先日のレース編みポシェットと同じ材料。

糸があまってたのと、
パスケースと携帯だけ入る大きさのものがいるな、と思ったので作ってみた。

肩ひもには、今度はたこ糸を編みくるんでみた。
きっとこれで伸びないでしょう。

ん~、実際のものを見ると、松編みがきれいに出てないな~と思ったけど、
写真で見るとわりと模様が見える感じだなぁ。

あと、松編みで輪編みするとき、段の最後の引抜をする場所と、段のはじめがどうしていいかわからない。
なのですごく適当。
まあ、ぐるぐると編めばきっといいのですよ。

肩ひもは今度は、くさりを長く編んで、細編み1段にしてみた。
たこ糸を編みくるむために。

ボタンも、くるみボタン作るのが面倒だったので、適当に編んで作ったよ。

何もかも適当!

レース編みポシェット

レース編みポシェット

使った毛糸はこちら。

レース編みポシェット毛糸表

毛糸ピエロさんの、「コットンニィート」さん。

この間作ったポーチとおんなじ感じ。
ただ、ふたの部分が、ポーチのほうが小さかったので、適当にそれっぽく編んでみた。

編み図がこれ。超適当。
特にふたが超適当。

レース編みポシェット編み図1

レース編みポシェット編み図2

くさり18目作り目して、ぐるぐると編んでいく。
2段増し目して編んで、3段目からは平ら。
ん? 何段編んだんだろう?
適当に、好きなサイズまで編もう。

ふたは、編み図どおり編んで、真ん中よりちょっとずらして本体に縫い付ける。

肩ひもは、4目作り目して、細編みで325段。

肩ひもが伸びないように、レースを縫い付けました。

肩ひもを本体に縫い付け、ふたにループをつけて、本体にボタンをつけます。

本体にも裏をつけて出来上がり。

色も見た感じもこの間のポーチそっくり。
母に、「あれ? これどこかで見たな……」
と言われました。
いーじゃん。

クリーム今度こそ

果たして今度はうまく行くかな?

用意したもの。

クリーム20110228材料

マカダミアナッツオイル 3ml
シアバター 0.5ml
ミツロウ 1.5ml
精製水 6ml
R.O.E 2滴

なんと、100均で、ミニ泡だて器を発見。
ラッキー!
なので今回から採用します。

作り方はいつもとほぼ同じ。
1、オイルとミツロウとR.O.Eを湯せんにかける。
同時に、精製水も湯せんにかける。←ここ、いつもと違う。
2、ミツロウがとけたら、湯せんの鍋ごと火から下ろす。
3、お湯につけたまま、(←いつもと違う)精製水を少~しずつ加えて、泡だて器で(←いつもと違う)よく混ぜる。

精製水を全量加え終えたところ。

クリーム20110228-1

おお!? 混ざってる!
前回は、精製水3ml以上混ぜたら分離してたのに。
何? 何がよかった?

1.ミツロウがちょっと多い
2.精製水を温めた
3.湯せんにかけたまま混ぜた
4.泡だて器を使った

……わからん。
一度にいろいろ変えるもんじゃないね。
原因が分からなくなるね~。

できあがりがこちら。

クリーム20110228-2

いつもより白い。
水が多く混ざったから?

で、数時間冷蔵庫に入れた後がこちら。

クリーム20110228-3

まぁ、写真じゃ質感はわからないんだけど、やわらか~いリップクリームみたい。
フェイスクリームっぽくはないね。一切。

さて、まだまだ改良すべきですね。
次はどこをどう変えようか。

ipodケース

ipodケース

使った糸はこれと、

ipodケース毛糸表

これ。

ipodケースレース糸

毛糸ピエロさんの、「エスニックデニム」さんと、ダイソーのレース糸。
本体とストラップは「エスニックデニム」さんで。
ボタンとモチーフはレース糸で編みましたよ。

編み図がこちら。

ipodケース編み図

くさりで12目作って、ぐるりと底を2段編みます。
3段目からは増減なしで、14段編みます。
最後ふちは、もこもこするように模様編み(?)。
ストラップ(?)は、くさりで230目。
ループとボタンをつけて、寂しかったので花と葉っぱのモチーフをつけました。
色が薄くて、モチーフが見づらいね。

ボタンの編み方は適当。
モチーフは、前に編んだニッティングバッグのものを参考にしました。

これでポケットがなくても安心!

カントリーマアムの顔が……

24枚入りのカントリーマアムをわりとよく買うんだけど、
この間買って開けてみたら、ココア味の個包装パッケージだけ、色が変わってた。
色だけかと思って普通に食べてたら、あれ?
開け口のところに書いてある顔が違う……。

カントリーマアム顔

残ってた分全部調べたら、このバリエーション。
バニラのほうはこんなんなってなかった。

何があったの、カントリーマアム。

ヘッドホンコードまとめ

ヘッドホンコードまとめ

ヘッドホンのコードが長くてうっとおしいので作ってみた。

きっと、ちゃんとした商品があるんだろうけど、100均にないからあきらめた。

材料は、100均のPPシートと、フェルト。

まずこういう形にPPシートを切って、

コードまとめ1

フェルトも形に合わせて切って、半分に折って、

コードまとめ2

シートにかぶせて、

コードまとめ3

周りをボタンホールステッチで止めると。
反対側も同じようにフェルトで包むのだ。

フェルトの色がかわいくない……。
あと、無駄な部分が多い。

作り直しか?
いや……PPシートカットするのえらく大変だったんだ。
今回も、まぁいっか。

テレビにむちう

テレビの雀に夢中な猫

雀についての番組を見ていたら、とててーっと画面の前に。
雀の動きに合わせて首を動かしている。

いままでこんなことなかったんだけどな。
地デジにしたから?

ニッティングバッグ

ニッティングバッグ開

ニッティングバッグ閉

編み図は、毛糸ピエロさんの「あみこもびよりvol.7」から。

いろいろ間違えた。
サイズとか。
自分で測りながら目数を決めてたら、おっきくなっちゃった。
でも、一組、長い棒針があったんで、結果オーライか?

糸も、余ってた「NEWひつじちゃん」を継ぎ足し継ぎ足し作ったんで、微妙な色あわせに。

まぁいっか。自分しか見ないんだし。

ん~。「まぁいっか」って言い過ぎ。

カモミールのチンキをつけはじめた

チンキって、ハーブをアルコールにつけた抽出液のことだって。
水溶性と油溶性、両方の成分を抽出できるらしい。

こりゃいいやってことで、試しにつけてみた。

材料はこれ。

カモミールチンキ材料

40度のウォッカと、余ってたカモミールジャーマン。

使うアルコールは、30度以上、40度くらいまでらしい。
ハーブ10gに対して、アルコール100ml。
2週間から1ヶ月くらいつけて、毎日1~2回よく振って作る。

2日目がこれ。

カモミールチンキ2日目

なんか、すごく吸ってるんですけど。
いいのこれ? いいの?
アルコール足したほうがいいかよくわからないからそのまま。

ん~。2週間後が楽しみだなぁ。

お花のヘアゴム

チェシャ猫色のヘアゴム

使った糸は、100均の「NEWひつじちゃん」。

編み図はこの本。

ナチュラルもカラフルもかぎ針編みで (生活実用シリーズ NHKおしゃれ工房)

作ってる途中で気づいたんだけどこれ、ディズニーアリスのチェシャ猫色じゃん!
あと、ほっとくと花びらが丸まる……。
何か芯を入れなきゃいけなかったなぁ。
それと、実用的な色合いじゃないなぁ。
う~む、失敗した。

レース編みのポーチ

レース編みポーチ

使った糸はこちら。

レース編みポーチ毛糸表

毛糸ピエロさんの、「コットンニィート」さん。

編み方はこの本から。

ちいさな手あみ かわいいニット (Heart Warming Life Series)

一応、くるみボタンと同じ布で、裏もつけたよ。

化粧品ポーチとして作ったんだけど、ふたの隙間からアイライナーが飛び出る危険性をはらんでいます。
ちょっと飛び出すだけだからいいか。

ステータス
細野ゆとり
あそびにん
せいべつおんな
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おえかき
ブログ内ページランキング
その他SNS
検索フォーム
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR