なわ編みのストール

なわ編みのストール

本はたしかこれ。

小さなニット―毛糸で作るマフラー・バッグ・帽子 (私のカントリー別冊)

使った毛糸がこちら。

なわ編みのストール毛糸表

100均の、「ふわっと彩色」さん。

指がつらかった……。
30cmくらいの棒針で、最長120cmのものを編むって、大変ね。
針に目がぎゅうぎゅうにつまって、よく途中ではずれなかったなと思う。

はじめは、無理だと思って、長い輪針買ったほうがいいかなと思ってたんだけど、なんとかなったなぁ。

でも、輪針も欲しいなぁ。
なんか、針の部分とケーブルの部分を付け替える事ができるものがあるみたいで。
セットになってる商品とか見ると、きゅんときちゃうなぁ。
でもお高いものだしなぁ。
来年の秋に考えようか。

あ~もう。
春だって言うのに、秋冬で編みたくて編んでないものがありすぎる。
……珍しく春の編み物の本買っちゃった。
amazonで。
う~、楽しみだけど、まだ春夏の糸を買うお金がない……。
「え~な~」といいながら眺めるだけになるのだろーか。

キャスケット編みなおし

編みなおしたよ……。

わかったきがするんだ。
パーツをつなぐ、引き抜き編みがきつかったんじゃないか。

今度はなんとかピッタリぐらいに編みあがりました。
まだレースつけてないけど。
レースも、のびないから、気をつけてつけないとだな……。

キャスケットが微妙→リベンジ→ところが……

petit*bonheurさまの、キャスケットの編み図で編ませてもらいました。

使った糸はこちら。

キャスケット1毛糸表

毛糸ピエロさんの、「わくわくモチーフ」さん。

で、できたのがこれ。

キャスケット1

なんか変!
私やっぱり下手!
ブリムの付き方というか形というか、それが変なんだ多分。
かぶると、ブリムがまっすぐ下に向いた状態になっちゃうの。
浅~くかぶらないと、視界がさえぎられちゃうの。

なんなのもう! 私は!

そういうわけで、リベンジした。
petit*bonheurさまの手順通りだけど、編み図、サイズなどは、毛糸ピエロさんの編み図を参考に割り出してみた。

使った糸はこちら!

キャスケット2毛糸表

毛糸ピエロさんの「コットンニィート」さん。

できあがりがこれ!

キャスケット2

見た目はなんとか無事……ところが……。

クラウンは長編みで、ベルトとブリムは細編みでやったんだけど、
長編みと細編みのゲージ、目の数も違うのね……。
細編みにあわせて作ると、ちょっと大きい。
長編みにあわせて作ると、ちょっと小さい。
なので、間を取ってみた。

ベルト部分だけ試し編みしてみて、頭にかぶせてみたら、大丈夫そうだったので編み進めることに。

ところが……あれ~~~???
手順が進むごとに、なぜかサイズが小さくなっていく……。
最後は(途中でやめればいいのに最後まで作った)頭回り約51センチ。
きつーーー!!!

どうしよう……。
レースまで縫いつけちゃって、ほんとにおばかさん……。

一応、少しゆるめにした編み図を清書してみた。

クラウン↓

キャスケット2編み図1

また画像がおっきいね。もういいや。
で、その続き↓

キャスケット2編み図2

ベルトは、直した編み図の場合、くさり80目を輪にして、細編みで4段。

そして、ブリム↓

キャスケット2編み図3

ブリムはこのままでいいの?
てゆうか、編みなおすの?
レースも縫いつけたのに?

あああ、どうしよう、悩む……(。´Д⊂)

第1140回「もしも魔法が使えるなら?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!
今日のテーマは「もしも魔法が使えるなら?」です。

水谷は、魔法使いに憧れています。
昔は、魔女っ子アニメを、よく観てましたし
今でも、魔法が使えたらいいなぁ・・・と妄想します。

水谷は魔法が使えるなら、空を飛べるようになりたいです。
魔法のホウキを使って大空を飛び回りたいですね・・・。

アニメなどでよくある魔法学園(?)に...
第1140回「もしも魔法が使えるなら?」



もちろん空を飛ぶでしょう!!!

これは私も本当に子供の頃からの夢です。
今でも夢です。
モーターパラグライダーだっけ? あれにも憧れます。
一番現実的かなって……。

もう本当に、ほうきで空を飛べたら他の魔法なんていりません。
まじで何とかして誰か。

引き上げ編みの手袋

引き上げ編み手袋

これね、また手袋かよって感じなんだけどね、
この、手首の皮ひも。これにずきゅんときてしまったのです。
こういうの好きだな~。

使った毛糸はこちら。

引き上げ編み手袋毛糸表

毛糸ピエロさんの、「ウォッシュアラモード」さん。
紺とグレーだよ。

本がこちら。

てぶくろ&ハンドウォーマーBOOK (Let's knit series)

なんか、作ってて、いまいち引き上げ編みが納得いってない。
これでいいの?

あと、皮ひも高い。
1m336円とか……。
私には……。

そうだ。
指つきの手袋初挑戦でした。
かぎ針編みだけど、まあ、ちょっとめんどくさいくらいだった。
今までは親指しか作ったことなかったからね。

かぎ針編みって、簡単なイメージだけど、ちょっとわかりにくい。
段のはじめがどこだったかわかんなくなっちゃうの。
長編みだったら立ち上がりが大きいからなんとかわかるけど、
細編みがどうも……。
目と段を数えるのも難しそうだし。
でも、編みなおすのが簡単、針がはずれちゃっても大惨事にならないってところはいいよね。


カバーつき手袋リベンジ

カバー付きチェックミトン閉

カバー付きチェックミトン開

使った毛糸はやっぱりやっぱり「NEWひつじちゃん」。

カバー付きチェックミトン毛糸

ん~、こうして見ると、手の甲のつなぎ目、ちょっと見えるね。
まあいいや。

サイズは完璧です。

編み込み図案はまた、ニットデザインラボさまから。

編み込みどうだ?
だいぶ良くなってないか??

ふと気づいたんだけど、チェック模様をがんばって編んだのに、
普段はカバーを外してつける事が多いので、チェック模様が見えないという。

えっと、編み込みの入れ方と減らし目の仕方、編み図を作ったよ。

カバーつきチェックミトン編み図

カバーつきチェックミトン編み込み図案

わあお。
画像がでかくて表示しきれてない。
サムネイルを作っておくんだった。
まあいいや。クリックすれば見られるね。

編み込みレッグウォーマー3

編み込みレッグウォーマー3

使った毛糸はこちら。

編み込みレッグウォーマー3毛糸

またまた「NEWひつじちゃん」ですよ。

いえね、この本に出てた作品の色がなかなかこの緑に近くてね。

北欧テイストの編み込みニットこもの (レディブティックシリーズ no. 3102)

この色好きだな~。

編み込み、だんだん慣れてきたようで。
今回は、失敗した部分と、まあまあの部分があるのです。

失敗した部分がこちら。

編み込み失敗表

裏がこう。

編み込み失敗裏

表、ドットになるはずが、白い毛糸がきつかったようで、緑の中に埋もれちゃってる。

で、まあまあな部分がこちら。

編み込みまあまあ表

編み込みまあまあ裏

裏を見ると、まあまあな部分のほうの糸がぴんと張って見えるんだけど。
まあまあと言っても、白い毛糸の目がちょっと大きい気もするし。
でも、はじめの頃に比べたらだいぶましになってきた。

やっぱり、右針にかかった目と目の間を広げる、が、基本みたい。
で、次の目を編むとき、裏に渡る糸が引きつれないように、右の指と針で挟んで固定するといいのかもしれない。
目と目の間を広げるのは、今まで編んできた色の目、のみ。
ん~。完全なる覚え書き。

そうそう。
このレッグウォーマー、本には、ひもの先にぽんぽんをつけてたけど、さすがに自粛。
めんどくさかったというのもある。
というか、それが主。
そして、本では、ぺらっと1枚、往復編みで編んで、最後に脇を閉じる、となっていたんだけど、
閉じるのがめんどくさかったので輪編み。

なんかここんとこずっと輪編みしてるかも。
てゆうか、手袋とレッグウォーマー編みすぎ。
なんか心惹かれるんだよね……。
これからの季節、何を編むのかな~。

毛糸「ユウヤケのソラ」


ずっとほしくて、入荷しないかほぼ毎日チェックしてた毛糸。
ある夜中、携帯でチェックしたら、在庫あり!
ポイントサイトの関係で、いつもPCから買ってた。
今からたちあげるのめんどくさいから明日注文しようと一度思ったけど、
大した金額じゃないし携帯からでいいや、と、注文。
すると、「在庫△」。
えっ。今日入荷したんじゃないの?
急いで注文確定。

次の日の夜、何となくまたチェックしたら、
「在庫なし」
あたしが買った色だけだったけど、それにしたって。
よっぽど人気なのか、数が少なかったのか。
まあ、買えてよかった。

ベリー柄マフラー

完成写真~。

ベリー柄マフラー

こうしてみると、ただのひし形のすかし模様みたい。
アップの画像も撮るんだったな~。

使った毛糸はこれ。

ベリー柄マフラー毛糸

100均の、「プリティモヘア」。
モヘア「風」ね。
あんまりモヘアっぽくないけど、まあいいんだ。

この本に載ってました。

裏も楽しい手編みのマフラー

結構めんどくさいよ。
なんか、すごい時間かかった。
長いからかな~。

さし色としていいかな、と思って、この色にしたんだ。
冬はどうしても、地味な色合わせになっちゃうもので。

おととい巻いていこうかと思ったんだけど、なんだかあったかくて、ずっとかばんの中でした。
でも次の週末は雪かもしれないとか。
まだ、秋冬編み物はいけるのか!?

カバーつきボーダーミトン

カバーをつけたところ。

カバー付きボーダーミトン-開き

カバーをはずしたところ。

カバー付きボーダーミトン-閉じ

はじめに書こう。
失敗した。
またですよ。ゲージ測ったのに、ちっちゃくなっちゃった。
全然はめられるんだけど、手首の1目ゴム編みのところが、手首より上にきちゃう。
編み図載せるけど、ちゃんと測ってから作ったほうがいいかも。当たり前か。

参考にしたサイトがあります。
参考程度じゃないな。真似しました。
え~と……。
before sunriseさまです。
「2wayミトンの編み方」という記事。
こちらのサイトもステキですね~。
みんな上手でいいな……。
私もがんばろう。

使った毛糸はこちら!

カバー付きボーダーミトン毛糸表

毛糸ピエロさんの「雑貨アクリル並太」さん。
色の名前は確か、オフホワイトとビスケットだったと思う。
両方、1玉で足りました。
なんか、撚りがちょっとぽわぽわしててかわいい毛糸だった。

編み図がこれ!

カバー付きボーダーミトン編

作り目をして、輪にして、手のひらの真ん中から編み始めます。

別糸を編みいれるところ。
今まで編んできた糸をいったん休めて、別糸で必要目数編んで、

カバー付きボーダーミトン-2

別糸で編んだ目を左の針にそのまま戻して、

カバー付きボーダーミトン-3

休めていた糸でまた普通に編んで行く。

カバー付きボーダーミトン-4

これが「別糸を編みいれる」ってことなのね。
本で調べてよかった。
糸休ませず、切っちゃうところだったよ。危ない危ない。

で、本体が編めたら次は親指。
編みいれた別糸をほどきつつ、目を拾います。9目。

カバー付きボーダーミトン-6

編んで、ふせ止め。

次はカバー部分。
親指と同じように、別糸をほどいて、目を拾う。
あたしは、こわいので、目を拾ってから別糸をほどいたよ。

カバー付きボーダーミトン-7

で、「上側の目を下側の目にくぐらせるように引き抜きます」の部分。
まず、下側の針の目に右針をさして、

カバー付きボーダーミトン-8

さらに上側の針の目を拾って、

カバー付きボーダーミトン-9

下側の針の目に、今拾った上側の針の目をくぐらせて、

カバー付きボーダーミトン-10

左針から両方の目をはずす、と。

カバー付きボーダーミトン-11

こういうことだと思うんです。
で、全部やると、目の数が半分になると。

カバー付きボーダーミトン-12

この目たちが、本体とカバーをつなぐ目だよね。

それから、後でほどく作り目でもう半分ぶん、目を作って、

カバー付きボーダーミトン-13

さっきのつなぐ目とあわせて輪にして、カバー部分を編んで行く。

カバー付きボーダーミトン-14

ん~。日が暮れてきたね。
ずんずん編んで、最後は7目ずつ、2本の針に分けて、メリヤスはぎではぎ合わせる。

そしてさっきの、後でほどく作り目の糸をほどきつつ目を拾って、

カバー付きボーダーミトン-16

1目ゴム編みの往復編みで編んで、ふせ止め。

最後に、カバーのてっぺんにループを作ってつけて、
手首の、カバーを折り返したときにループが来る位置にボタンをつけて、完成です!

疲れた~。

失敗したから、ボタンを下ギリギリのところにつけたけど、ループと位置が合わず、変な感じに。
編みなおすなんてそんなことできません。
普通に着けて外出したよ。

ん~。
立春過ぎたよね~。
そろそろ秋冬毛糸はおしまいにしたほうがいいのかな~。
でも、まだ編みたいものあるんだよな~。

クリームリベンジ

用意したもの。
マカダミアナッツオイル 3ml
シアバター 0.5ml
ミツロウ 1ml
精製水 6ml ←用意はしたものの……↓↓

クリーム110203-1

水以外を同じ容器に量って入れる。

クリーム110203-2

湯せんにかける。

クリーム110203-3

溶けた溶けた。

で、水を少~しずつ入れながら混ぜる。

う~ん……。また分離してきたっぽい。

クリーム110203-4

水があまってるの見えるかな?
どうしてこうなるんだろう……。
混ぜ方がまずい? 水が飽和状態? わかんない……。

出てきた水を戻しつつ、ひたすら混ぜる。

クリーム110203-5

だいぶゆるいけど、ちょっとクリーム状。

結局、戻した水を量って調べたところ、実際に使った水は3ml。
で、こんな感じ。

クリーム110203-6

ゆるい。ゆるいな~。

冷蔵保存なので冷蔵庫へ。

昼作って夜使ってみると……。

クリーム110203-7

当たり前だけど、ちょっと固くなってる。
ん~、でも、もうちょっと固く作ってもいいかな。

前回はアボカドオイルを使った。
今回のマカダミアナッツオイルは、軽くていい感じ。
やっぱりアボカドオイルは重いのね。
何に使おう……。
リップクリームか?

トラックバックテーマ 第1126回「今、どんな財布をつかってる?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の吉久です! 今日のテーマは「今、どんな財布をつかってる?」です。お財布はお金を入れておく大事なもの。吉久は結構こだわりをもっていますそのこだわりは買うときは絶対に「がま口」財布であること小銭入れががま口のものでないといつも長持ちしないのですそんな自分の今の財布は、「がま口」でありながら「長財布」のもの大体...
トラックバックテーマ 第1126回「今、どんな財布をつかってる?」



この間も書いたんだけど、小銭入れは3室!!!

えっと、二つ折りの財布ですよ。
長財布だと、場所とるじゃん。
この間も書いたっけ。

3室の小銭入れは、がま口式。
お札入れのところは1室だけど、クリアファイルをお札サイズに切って、仕切りとして入れてあるんだ。
これはお札だからできることだよね。
小銭入れの方も、何とかして3室に仕切れれば、選べる財布がぐっと多くなるんだけどな~。

外見は、まあ、そんなにこだわりがあるわけでもない。
だけど、なんか前、黄色い財布が風水的にいいって聞いたな。
だから今、ちょっと黄色っぽいのか。
それを思い出すと今度は、色まで狭めちゃうのね。

今の財布、ちょっとぼろっちくなってきてるんだ。
いい財布ないかな~。

初めてのレース糸、クローバーのモチーフ

petit*bonheurさまの編み図を参考に作らせてもらったよ。

バッグハンガーにクローバーモチーフ

う~ん、下手だ……。
あと、大きさがすごく違う気がするんですけど。

この間の、合細の糸を使ったときにわかってたことだけど、
細い糸編みにきぃ~~~~!!
あと、初めてレース糸使ったけど、結構かたいのね。

まぁいいんだ。
この間100均で買ったバッグハンガー、なんか殺風景だなって思ってたところだったんだ。

ん~。編みにくいけど、レース編みにも興味あるなぁ。

そうそう。
糸は、petit*bonheurさまでも使っていたダイソーのレース糸。
近くにあってよかったわ、ダイソー。
レース用のかぎ針も、3本セットで100円。
すてき。

春になったら今度は毛糸は綿かしらん。
ん~、なんだか楽しみなのだ。

ふみふみあむあむ

ふみふみ

私の膝で、ひざ掛けを噛みつつふみふみしているところ。

ふみふみするのはいいんだけど、爪立てないでほしい。
おかげで私の太ももにはいつも生傷が。
というほどの傷でもないけど、やっぱ痛いので。

編み込み靴下

茶色編み込み靴下

編み込みレッグウォーマーと、ファーの手袋であまった毛糸で作ってみた。

図案は、ニットデザインラボさまのを使わせていただきました。

また、合細の毛糸は2本取りで。
こげ茶の毛糸とグレーの毛糸の色の違いが微妙にわかりづらい。

で、だ!
1目ゴム編み止めの仕方をやっと理解できたよ。
えっと、どこだっけな。
あみこもびよりです!
例の、毛糸ピエロさんの会社(?)のサイト。
ここのムービーを見てようやくやり方がわかったんだ。
他にもいろいろムービーあるみたいだから、初心者さんとかにはすごくいいと思うなぁ。
私はじめ、「あみもこびより」だと思ってたんだよね。どうでもいいけど。

編み込みレッグウォーマーの図案

編み込みレッグウォーマー2

できたー。

水玉(?)のところだけ、目の数がずれてるけど、
公倍数的なことでちゃんと最後は合うようになっているのだ。

その水玉だけど、刺繍にしたほうがよかったのかな~。
裏に渡る糸が、伸ばすと、つまり履くと、丸見えなんだよな。
でもそれもめんどくさそうだ。

あと、履いてみると結構きつめ。
編み込み出のゲージをとらなかったからだ。
メリヤス編みと編み込み、結構ゲージ変わるのね。
これからはちゃんと編み込みでゲージ測ろう。

ただ、今度、歩いてみるとこれがまた。
少し落ちてくる。
今まで作ったレッグウォーマーはバリバリ落ちてきたんだけど。
これだけきつめでも、歩くと落ちてくるんだね。
上のゴム編みの所に、本物のゴム入れてみようか。

ステータス
細野ゆとり
あそびにん
せいべつおんな
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おえかき
ブログ内ページランキング
その他SNS
検索フォーム
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
リンク
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR